日々の生活に大きな影響が出る偏頭痛はサプリメントで対処

レディ

ガンの予防や治療に

果物

ガン細胞の増殖防止や撃退

シイタケ菌糸体にはβグルカンが含まれているため、摂取することでガン細胞の増殖が抑えられます。さらに、ガン細胞による免疫力の抑制も、防がれやすくなります。免疫力がしっかりと働いていれば、それだけガン細胞が撃退されやすくなります。つまりシイタケ菌糸体には、ガン細胞の増殖を抑えつつ、それを減らしていく効果があるということです。そのためシイタケ菌糸体は、ガンの予防や治療に活用されています。また、免疫力が高まることで、インフルエンザなどの感染症も防がれやすくなります。ガンの発症により免疫力が低下すると、感染症にかかりやすくなり、それがさらに体の衰えを促すことがあります。しかしシイタケ菌糸体によって感染症のリスクが下がれば、体は健康状態を取り戻しやすくなるのです。

健康食品を利用

シイタケ菌糸体は、シイタケの根の部分にあります。シイタケは一般的には原木に菌を植え付けることで育てられているので、シイタケ菌糸体は原木の中に埋まった状態になっています。これを取り出すことは簡単ではありませんし、そもそもシイタケ菌糸体は食用ではないので、食べることも困難です。そのためガンの予防や治療には、シイタケ菌糸体から作られた健康食品を利用する必要があります。健康食品は、シイタケの菌を培養し、それによって誕生した根から、βグルカンを含む有効成分を抽出することで作られています。有効成分は、笠の成長に使われる前に抽出されます。その分量が多く、健康食品ではさらにこれが濃縮されているので、少量の摂取でも高い効果を得ることができます。